フォト
2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

♡お友達サイト♡

無料ブログはココログ

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月の1件の記事

2010年12月31日 (金)

ホッとした♪

少し心配なことがあり、すっかり更新をお休みしてしまいましたが、

やっとホッと出来たので再開することにしましたnote

   

実は、11月下旬、

「ジュリさ~ん、マッサージで~すhappy01

と首から背骨に沿ってマッサージをしていたら、

「んっ?」

と違和感のあるカタマリを発見sweat01

左の肩甲骨あたりの皮膚の下に、うずらの卵よりひと周り大きい

直径3㎝くらいの形のハッキリしたしこりでした。

毎日マッサージをしてるわけではありませんが、

1~2週間の間に急に出来て大きくなったのは間違いなく、

ちょうどシャンプーの予約日だったので病院で診てもらうことにしました。

その頃は、しこりは”ぷにぷに”と柔らかく本当に卵みたいな形で、

先生は、今みたいに柔らかいしこりのままなら脂肪の場合が多いけど、

これが硬くなって筋肉に吸収されて、

しこりの形がわからなくなるような感じだとちょっと怖いかな…とのこと。

とりあえず、しこりに針を刺して細胞を採ると脂肪かどうか分かるので、

1度検査をしてみましょう…ということになりました。

   

数日後、検査をした時のしこりは、サイズは小さくなったものの、

硬くなり筋肉に入り込んで卵のカタチがわからないくらいに変化。

それまで、シニアになると腫瘍が出来る子が多いと聞いていたし、

友達のワンコも良性の脂肪腫だったので

ジュリもきっとそうだろう…と、あまり深刻には思ってなかったんですが、

日に日に先生が言っていた心配なパターンになってきて、

急にいろんなマイナスの事を考えるようになってしまいましたsweat02

   

検査の日、採った細胞を顕微鏡で見せてもらいましたが、

ただの脂肪ではないとのことで、

これを検査機関に送って詳しく調べてもらうことになりました。

「どうしよう…、悪性だったら」

と、急に不安でいっぱいになるのと同時に、

「どうか良性でありますように…」

本当に、心からの願いでした。

結果は、年明けになってしまう可能性もありましたが、

予想より早く、先日先生から嬉しいお知らせがflair

検査機関から、悪性腫瘍を疑わせる細胞はなかったとのことで、

「よかった~!」

と一気に緊張が解け、ホッと胸をなでおろしました。

検査前、悪性だった場合の手術や放射線、抗がん剤治療など、

いろいろな話を聞いていたので、

結果が出るまではドキドキの”針のムシロ”状態sweat02

ただ、ジュリさん本人は食欲もあり、

まったく元気で変わりがなかったのが救いでした。

   

とは言うものの、原因がはっきり分かったわけではないので、

今後も要観察ではありますが、

とりあえず明るい気持ちで新年を迎えられそうで良かったですhappy01

我が家のアイドルには、いつも元気でいてもらわないとねっshine

    

…年が明けると間もなく10歳。

シニアなのでいろいろ体の不調が出てくるのは仕方ありませんが、

来年こそは無病息災で過ごせるといいのになhappy01

(取り急ぎ、検査機関から送ってもらった検査結果のFAXです)

Sh3d0095_2

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »